強くて、快適で、エコな家づくり 大栄興産株式会社

強くて、快適で、エコな家づくり 大栄興産株式会社
リフォーム 地域のみなさまに一番身近な工務店へ。

リフォーム

 > リフォーム > 耐震Reform > 耐震補強ポイント
リフォームトップへ
大地震にも強い耐震補強ポイント。ご存じですか?

昭和56年以前に建てられたお住まいは、耐震性能が不足している可能性があるので、
構造改革をおすすめします。

耐力壁の設置

筋交いで耐力壁をつくり、接合部は補強金物により緊結する

筋交いは、地震時に左右両方向から力を受けることを考え、バランス良く設置します。
金物にはそれぞれの筋交いにあった物が用意されており、仕様通り設置すれば非常に有効です。

面材で耐力壁をつくる

面材で地震に抵抗するものとして代表的なものは構造用合板です。
外壁側と室内側に合板を張り、耐力壁をつくります。

耐力壁をバランスよく配置

建物の平面バランスを良くする

日本の建築は、高温多湿という夏の風土的条件に対応して開放的であり、特に南側には壁が少なくまた、店舗やガレージなども開口が広く、非常に危険です。

建物の軽量化

屋根の軽量化

プランの制約上、どうしても耐力壁を増やすことが出来ない、あるいは強い壁に交換する事が出来ない、といった場合には、屋根を軽量化することによって建物の重量を減らします。

  • 基礎の補強

    ひび割れのある鉄筋コンクリート造の基礎はひび割れを補修します。無筋コンクリート造の基礎は鉄筋コンクリートの布基礎と抱き合わせることにより補強が可能です。

  • 腐朽・劣化部の交換

    土台は腐れや白蟻の被害を受けやすいので、定期的に点検・調査し、劣化したものは適切な工法により取り替える必要があります。

  • 柱・梁・土台の緊結

    特に筋交いを設置した耐力壁は柱が土台から引き抜かれないように、柱と梁・土台に金物を取り付け、地震時に引き抜けることを防止します。

リフォーム&リノベーションの住まい。小さな工夫で大きな満足!
  • 大栄興産株式会社
  • 〒344-0041埼玉県春日部市増富754番地 TEL.048-754-5411